完成までの流れ

  • HOME
  • 完成までの流れ

完成までの流れ

シナリオ作成が鍵

撮影をする前に、映像制作の設計図であるシナリオをしっかりと検討します。どの様な現場で、誰が出演し、どう演技するのかを事前に考えます。
ヒアリングから完成納品まで弊社制作担当がお客様のご要望に対応いたします。

ヒアリング/確認

ご依頼の概要やご予算、希望納期などの確認をさせていただきます。
本方針を決めます。その打ち合わせをもとに、お見積もりを提示いたします。

企画構成

打ち合わせした内容と参考資料などをもとに、ディレクターが台本を制作します。数回、打ち合わせを重ね台本を完成させます。その際、納品までの段取りが分かる制作スケジュールもご提示いたします。

スタッフから一言
建設業だけでなく、様々な業種で経験したことを活かして、貴社に合わせた安全教材をご提案いたします。

撮影準備

決定台本をもとに、撮影に必要なスタッフや撮影機材、ロケーションの手配を行います。役者や撮影スタジオなどが必要な場合は事前に手配を行います。また、撮影当日のスケジュールを作成いたします。

撮 影

撮影はスケジュール表に沿って進めます。撮影現場は、原則としてお客様にお立ち会いいただきます。現場にてディレクターが演出を行いますので、撮影内容を確認をしながら進めます。

編 集

撮影終了後、場合によってイラスト作成など行いながら、完成に向けて、編集作業を行います。編集試写(仮ナレーション入り)を2~3回行い映像の内容や方向性が固まったところで、プロによるナレーションと音楽・効果音が入ります。

スタッフから一言
現場で撮影した映像に加え、分かりやすくするためにイラストや3DCGを駆使し、より詳しく解説いたします。

完成納品

マスターテープ完成後、お客様のご要望に沿ったDVDなどのメディアもしくは、Web用などのフォーマットで納品させていただきます。

メールでお問い合わせ

DVD制作はこちら