NEWS

RSS
2028/01/01
【重要】著作権について

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
著作権に関して下記のようにご案内申し上げます。
ご利用規約もご覧くださいませ。
何卒宜しくお願い致します。


■ 著作権について
株式会社プラネックスのビデオ映像及び音声等の著作物は、著作権法により保護されています。
(著作権法第2条3項)

(1) 映像教材の使用目的
  安全及び衛生についての措置に対する、教育や指導など、
  労働災害防止を図る教育教材としての使用。

(2) 著作権侵害、もしくはその恐れのある行為の禁止
 一,DVD、HDD、及びその他の記憶媒体への複製。
 二,社内外を問わず、ネットワーク上での配信及び視聴。
 三,無断での二次的著作物の創作、転用、利用。
 四,有償での上映会や貸出行為。
 五,法令、公序良俗に反する行為、並びに著作権者の利益を侵害する行為。

(3) 貸出機関の使用規約
 一,著作物の貸出
   弊社で定める貸出機関以外における、無許可での第三者への館外貸出を、
   有償無償を問わず原則禁止とする。
   また、貸出機関へは、ライブラリ価格として原則定価の3倍にて販売し、
   「著作物使用に関する覚書」を株式会社プラネックスと交わすこととする。

■ 罰則(著作権法第8章 罰則 第119条-第124条)
  著作権法に違反する場合、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金が科されます。
  また、法人が著作権等を侵害した場合は3億円以下の罰金となります。