【冊子】在宅避難生活のススメ 家族を守る・・・さとう家の場合

【冊子】在宅避難生活のススメ 家族を守る・・・さとう家の場合

販売価格

955円(税込)※送料込

ジャンル 各種小冊子・配布物
備考 : ●判型:A4 ●仕様:フルカラー56ページ(表紙込)
  • FAXでのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ tel:03-5638-3122

商品詳細

「巨大地震が発生したら避難所へ」とお考えではないでしょうか?

【1冊からのご購入】1冊単価955円(税込・送料込)
ご注文はこちらからお進みください(こちらをクリック)



【100冊からのご購入】単価550円(税込)※送料別途
こちらからお問合せください(こちらをクリック)

※100冊以上のご購入に限り、検討用サンプルを用意しています。
 予定冊数を明記の上「在宅避難サンプル希望」とお問い合わせ内容にご記入ください。





みなさんは、巨大地震が発生したら、とにかく避難所へ・・・とお考えではないでしょうか?
多勢の人が、一気に避難所に集まったら、まず直面するのが3密とトイレの問題です。
その後にプライバシーやお風呂、食事の不自由さが、次々と襲ってきます。
ただでさえ、避難所は密になりがちですが、新型コロナウィルス感染問題下では3密を避ける避難所が求められる事になりました。
医療崩壊ならぬ避難所崩壊が、起こる可能性は極めて高いと言わざるを得ません。
不幸にして避難生活を余儀なくされた時、どうすれば3密問題を避け、プライバシーを保ち、トイレや食事の問題をクリアできるのか?
一戸建て住宅、マンションを問わず、高い耐震性や制震性、免震性などによって、地震に対して強い建物は、激しい地震の揺れから私たちの命を守ってくれます。
・・・であるならば、
トイレもプライバシーも安心なわが家を避難所にしよう!
それが在宅避難生活の基本的な考え方です。
本冊子は、在宅避難生活を送る上で、必要な情報をわかり易くまとめたものです。

巨大地震を想定しての在宅避難生活ですが、迫りくる台風や、見えない侵入者である新型コロナウィルス感染にも、
共通するところが多いため、地震に加えて台風対策や新型コロナウイルス感染対策にも触れています。


 【内容】
 ●在宅避難までの判断基準     ●在宅避難生活のススメ
 ●避難するべき家と状況      ●避難情報の危険レベルを知っておこう
 ●マイホーム防災、最初にやることは建物の耐震性の確認、次が家具の固定
 ●家具類の固定は寝室から     ●使えるキッチンを確保する
 ●日頃から火災に備えた生活    ●リビングダイニングは在宅避難生活の拠点
 ●マンションの高層階、室内の危機 ●我慢できないのはトイレ
 ●自宅でできる電源の確保     ●暑さ対策・寒さ対策
 ●断水に備える          ●電気、ガス、水道が止まっても、調理はできる
 ●「我が家で食事」が健康の源   ●災害発生時のコロナ感染防止・・・外出自粛は在宅避難と考えよう!
 ●生き残る!だからこそ知っておこう  …等